ホーム メール 印刷用
写真
写真
translate

事業


鯨類捕獲調査

日本政府の特別許可を受けて、南極海及び北西太平洋鯨類の持続的利用を図るための資源管理に必要な資源量、諸生物学的特性値、系統群構造の解明、並びに海洋生態系における鯨類の役割や生息環境の変化が鯨類に及ぼす影響を解明するための調査・研究


鯨類資源目視調査

国際捕鯨委員会(IWC)の実施する南極海鯨類生態系調査(SOWER)を含め、南半球及び北太平洋での鯨類の分布、密度、行動等のデータを収集するための調査、並びに資源評価に関する研究


捕鯨の社会・経済学的研究

鯨と人との関わりを社会、文化、食生活、歴史、経済的側面から明らかにする研究


IWC活動の法学的考察にかかわる研究

鯨類資源の合理的利用を図ることを目的に締結された国際捕鯨取締条約に基づき設立されているIWCの活動について、法学的側面から検討し、IWC活動の正常化を促進するための研究


海産哺乳類混獲等管理促進事業

密輸・密漁鯨肉の流通を防止しながら、定置網などに混獲された鯨類の生産物の販売を可能にするシステムを開発することを目的とした事業。省令の改正に伴い、平成13年7月から、定置網で大型鯨類(国際捕鯨委員会が管理の対象とするひげ鯨類と歯鯨類)の混獲あった場合、所定の手続きの後に国内流通が可能となり、かかるDNAによる個体識別及び登録業務の実施


その他の鯨類に関する研究

  1. 種並びに生息海域の判定のためのデータベースの作成及び個体識別の手法の確立を含む、遺伝学的手法を用いた鯨生産物流通監視システムの開発
  2. 化学分析を含む年齢形質を用いた年齢査定手法の開発
  3. 人工衛星を利用したバイオテレメトリー技術の開発及び自然標識に係わる研究
  4. 重金属、有機塩素化合物などの環境化学物質の蓄積に関わる研究
  5. 鯨類捕殺技術の改良・開発などに係わる調査と研究
  6. 日本の沿岸のストランディングレコードの収集と分析

Valid XHTML 1.0 Transitional