ホーム メール 印刷用
写真
写真
translate

IWC/日本共同北太平洋鯨類目視調査(POWER)の概要


POWERとは?

IWC/日本共同北太平洋鯨類目視調査は、国際捕鯨委員会(IWC)と日本国政府が共同して実施実施するプログラムです。 この調査は、1996年から2010年にかけて実施された南太平洋鯨類生態系調査(IWC-SOWER:International Whaling Commission-Southern Ocean Whale and Ecosystem Research) の終了を受け、そのノウハウ等を活用して実施されています。 IWC科学委員会が調査計画の策定を行い、同委員会内に設置されたPOWER運営グループ(コンビーナ:東京海洋大学加藤秀弘教授)が調査の立案と結果の分析を主導します。 調査航海実施にあたっては、(財)日本鯨類研究所が水産庁から委託を受け、調査航海を実施します。


目的

イワシクジラ(及びナガスクジラ等その他の鯨種)の資源量推定

イワシクジラ、ナガスクジラ及びマッコウクジラ(及びその他の鯨種)の系群構造に関する情報の収集(特にバイオプシー・サンプルの採取)

北太平洋セミクジラ、シロナガスクジラ等希少鯨種の個体識別写真撮影及びバイオプシー・サンプルの採取


調査海域と捕獲頭数

POWER調査海域図

調査海域 航海期間 調査団長 調査員 調査船
2010 北緯40度以北、アリューシャン列島以南、東経170度以東-西経170度以西   2010年7月2日−8月31日 1名(日本) 3名(アメリカ、韓国、日本) 海幸丸
2011 北緯40度以北、アリューシャン列島以南、西経170度以東-西経150度以西(公海及び米国200海里水域を含む) 2011年7月11日−9月8日 1名(日本) 1名(アメリカ) 第三勇新丸
2012 北緯40度以北、米国アラスカ州以南、西経150度以東-西経135度以西(公海及び米国・カナダ200海里水域を含む) 2012年7月13日−9月10日 1名(日本) 3名(アメリカ、韓国、日本) 第三勇新丸
2013 北緯30度以北、同40度以南、西経160度以東、西経135度以西(公海) 2013年7月12日−9月9日 1名(日本) 3名(メキシコ、韓国、日本) 第三勇新丸
2014 北緯30度以北、同40度以南、東経170度以東、西経160度以西(公海および米国EEZを含む) 2014年7月2日−8月30日 1名(日本) 3名(アメリカ、イギリス、日本) 第三勇新丸
2015 北緯20度以北、同30度以南、東経170度以東、西経160度以西(公海および米国EEZを含む) 2015年7月2日−8月30日 1名(日本) 3名(アメリカ、イギリス、日本) 第三勇新丸
2016 北緯20度以北、同30度以南、西経160度以東、西経135度以西(公海および米国EEZを含む) 2016年7月2日−8月30日 1名(日本) 3名(アメリカ、韓国、日本) 第三勇新丸

資料

・2011年IWC/日本共同北太平洋鯨類目視調査の終了について(プレスリリース)

・2012年IWC/日本共同北太平洋鯨類目視調査の終了について(プレスリリース)

・2013年IWC/日本共同北太平洋鯨類目視調査の終了について(プレスリリース)

・2014年度IWC/日本共同北太平洋鯨類目視調査の終了について(プレスリリース)

・2015年度IWC/日本共同北太平洋鯨類目視調査の終了について(プレスリリース)

・2016年度IWC/日本共同北太平洋鯨類目視調査の終了について(プレスリリース)

・「国際捕鯨委員会(IWC)による太平洋鯨類生態系調査(POWER)の発足とその実施状況について」 松岡耕二著. 鯨研通信460号. 2013/12.

・写真(IWCホームページ)


Valid XHTML 1.0 Transitional